賃料値下げとフリーレント

賃料値下げとフリーレント

不景気のためもあり、不動産を借りている人が、賃料の値下げを交渉してくれるという話も少なくありません。

賃料というのは、契約のときに決まってしまっていますが、契約書の中を見ると、値上げ、値下げについても交渉可能という記載があったりします。というのも、賃料というのは、単純に不動産の価値だけで決まるわけではないからです。そのため、マーケットの変動なども、賃料値下げ交渉の理由になったりします。

こういった場合に、賃料値下げに応じるだけではなく、別の対応を提案するというのもひとつです。その対応のひとつとして、フリーレントがあげられます。フリーレントの設定を数ヶ月つけることで、テナントとしては、賃料を払う金額が少なくなります。不動産オーナーとしては、賃料自体をさげずにすみますので、交渉がうまくいく可能性もあります。

 

不動産売却の方法について

不動産を売却する時には、もちろん複数の不動産会社に見積もりを取ると思いますが、それだけでは駄目です。
もしあなたがいま不動産を売却したいのなら、まず、最低20社の会社に査定額を出してもらいます。

次に、それを5社から10社程度に絞り込み、次は実際に不動産を見てもらい、自分がアピールできるところを積極的に交渉します。
そして、出してもらった査定額を基準にして、1社から3社に再度絞り込めたら、今度は同じ社内で複数の営業マンに査定を出してもらいます。

実は同じ不動産会社でも、査定額は数十万レベルで違うことがあるのです。

わたしは父の残した家を売却する際、この方法でやったところ、最低の査定額を出してきた不動産会社の金額に比べて、プラス400万ほど高く家を売ることが出来ました。

 

町田 不動産町田 ゴルフスクール

■ 東京都下
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar