不動産のバリューアップの意味

不動産のバリューアップの意味

不動産のバリューアップということばを聞いたことがある人もいるでしょう。不動産のバリューアップとは、文字通り、不動産の価値をあげるということです。基本的には、不動産業界でこの言葉が使われるときには、不動産の価値自体、つまり値段を上げる、ということを意味するよりも、テナントを誘致するために不動産の価値をあげるという形で使われることが多いようです。つまり、不動産のオーナーにとってのバリューアップというよりも、テナント側のバリューアップだといえます。

こういった不動産用語も、一般的にはあまり広まってはいませんが、不動産の業界の会話の中で、たとえば不動産の工事を検討するときなどによく出てきます。投資を考えるときなどには知っていて便利なことばだと思います。

競売不動産を購入する場合に

不動産の中には競売不動産というものがあります。

これは、裁判所が破産した人などから物件を買い取り、販売する不動産です。競売不動産は、裁判所が作成する公告に載せられ、最低売却価格が決められています。最

低売却価格は、一般市場での市価に比べてだいぶ安く設定されていることが多くなっています。しかし、裁判所が扱う不動産であるからこその特殊な要因もあります。例を挙げると、建物の内部を見る機会が少ないことや、一般的な住宅ローンに比較してローンが設定しにくいという問題、競売において閲覧できる物件明細書・現況調査報告書・評価書という3つの書類が、法律的知識がないとなかなか理解しにくい、ということです。

購入を考える場合はそれを注意しましょう。

 

■ 横浜、川崎
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar