不動産投資をする上で気をつけたいこと

不動産投資をする上で気をつけたいこと

不動産投資といえば、最近ブームとなりつつある投資方法です。株よりも親しみ易いために、直ぐにも手が出せそうというイメージがあるからだと思います。ところが、不動産投資も投資であるからには勉強不足が失敗をする世界です。行動を起こす前に、しっかりとした心構えを持つことが肝要です。

その心構えとは、消費者目線で不動産を見るというものです。どんなに自分が素敵だと考える不動産であっても、それが一般的な消費者のニーズを満たしていない場合、儲けにはつながりません。全てのビジネスに言えることですが、消費者のことを考える戦略が儲けを生むのです。そんなわけで、不動産投資をする際には周辺の住宅事情や売れ筋の物件を、セミナー等で学ぶ必要があるでしょう。

 

不動産売買の仕事は誠意をもって

私は不動産会社に就職を強く希望していました。どうしても不動産関係で働きたいという夢があったので、それに絞って就職活動をしていました。運よく大手の不動産会社に採用になり、とある営業所で働いています。

ここ10年くらいは不動産売買もあまり活発ではありませんでしたが、最近また投機目的で不動産を買われる方が増えてきているように思います。不動産はどういう目的で売買するにせよ、大きな金額が動きます。誠意を持って対応するのが私のモットーです。そうすればすごくお客さんが喜んでくださり、この仕事をやっていてよかったなとつくづく思います。

不動産売買の仕事は売る人の誠意のあるないによって、うまくいったりいかなかったりするものだと思っています。

■ 神奈川
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar