不動産売却方法の選び方

不動産売却方法の選び方

不動産を売却する方法には、仲介と買取が用意されています。それぞれにメリットがあるので目的によって選ぶとよいでしょう。

不動産売却にあたり仲介と買取のメリットを考えると、仲介は高値で売却できるけど、購入者が現れないと売却が完了しない。買取は、不動産会社に直接売却するのですぐに売れるけども価格が安くなりやすいと言う点にあります。

このほかにも買取には様々なメリットがあります。というのも、買取は売却主が不動産会社に移るため、責任の所在が不動産会社に移ります。売却に当たり、諸経費なども発生しませんし、手間もかかりません。瑕疵担保責任を負う必要もありません。

あとは、金額との折り合いと言うことになりますが、この点は不動産によって検討する必要があるでしょう。金額を比べて、ご自身の納得できるほうをお選びください。

不動産売買の仕事は誠意をもって

不動産投資では、最近、地方の不動産への投資の人気が高まってきているといいます。これを、ひとつの地方ではなく、全国でいろいろな地方の不動産に投資をするというのが、楽しみだという人もいます。

たしかに、ひとつの不動産、また、一カ所の不動産に投資をしていると、その地方の状態によって、収益も上下されてしまいます。また、最近は地方のゆるキャラなども盛んで、地味だった地方が一気に人気があがるようなことも少なくありません。自分の投資先を訪れるというのを楽しみにしている人もいるそうです。そういった地方の違いによる景気の上下に敏感に対応するものとして、地方の不動産投資というのを楽しむ投資家も、特に個人投資家に置いては増えてきているようです。

■ 神奈川
       
       
       
       
       
       
       
       
       

 

Calendar